<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
check it out!
吹田マーヴィーズ チアリーディング部のもう一つの顔は!
神戸女学院大学チアリーディング部VENUSとしての活動です。

彼女達の今シーズン最後の晴れ舞台があります。
僕ももちろん行きます。

以下VENUSより。

2010年2月13日(土)開場18:00 開演18:30  
場所:豊中市立市民会館大ホール(阪急曽根駅下車徒歩3分)

神戸女学院大学チアリーディング部VENUSと、関西学院大学西宮聖和キャンパスANGELSによります第14回合同公演会を行います。今年はCheck it out!!と題し、私たちがチアへ込める熱い想いをお客様に「魅せたい」という気持ちで、このステージを作り上げました。私たちの元気でパワフルなパフォーマンスをぜひご覧下さい。部員一同、皆様のご来場心よりお待ちしております。

・チケット:前売り券500円 *当日券600円 (*17:00から当日券売場にてチケット販売致します。)

・チケット販売メールアドレス:venus_and_angels@hotmail.com
(2010.2.12 チケット締め切り)

<ご注文の際は、お名前(フルネーム)・郵便番号・ご住所・お電話番号・チケット枚数をお願い致します。>
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-29 00:49 | スタッフ
朝日新聞記事
吹田から日本一へ。
一気にいきましょう、一気に。

c0026129_23422879.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-26 23:43
#55小西の結婚式
吹田マーヴィーズのLB#55小西、通称こにたんの結婚式に招待いただきました。で・・・泣きました、こにたんのスピーチで。家族の話になるといつも秒殺されます。

幸せそうな二人の写真です。お幸せに!
c0026129_2219138.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-24 22:21
東京
※1/23加筆しました

数ヶ月ぶりの東京出張です。

大阪で過ごしているとその違いがよくわかるのですが、東京は電車内にある種緊張感があり、多県民国家だなぁと感じます。自己防衛本能が働くというか。多県民の集まりが故にそれぞれの価値観を大切にし、尊重しようという姿勢によって一定の距離感と緊張感が保たれているのは当然のことなのかも知れません。アメリカほどではありませんが。

さて、写真は新宿から見下ろす東京の街です。お客様のご好意で写真を一枚撮らせていただきました。右奥にかすかに東京タワーが見えます。
c0026129_2254120.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-23 02:32
今日の大阪城のひとこま
今日は天気もよく気温も高めでした。
c0026129_1756407.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-17 17:56
マーヴィーズカフェ
月刊タッチダウン誌に掲載いただきました。

http://www.marvies.jp/photo_detail/id=1523

カフェの方も少しづつお客様のニーズに応えられるよう日々改善中です。

一度遊びに来て下さい!
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-13 17:14
スポーツチーム経営の特徴
マーヴィーズは昨年18回の地域イベントに参加しました。

スポーツチームにおける組織は、

・GM(ジェネラルマネージャー/BMとFMの結果に責任を持つ人)の下に、
・BM(ビジネスマネージャー/ビジネスの結果に責任を持つ人)と
・FM(フィールドマネージャー/グラウンドの勝敗に責任を持つ人)

がいるのが理想です。

うちの場合は僕がGMとBMを兼任し、FMが武田に当たります。BMとFMの関係の重要性が取り上げられることは少ないですが、この2人がうまくいっていることがとても大切だということは、スポーツチームの現場で働く方はよくお分かりになっていただけると思います。

マスコミの報道通りであれば、昨年夏独立リーグの神戸のチームにその問題が表面化しました。選手に対して、地域活動やスポンサー獲得にも参加して欲しいBMと、練習を優先したいFMとがうまくいかなかったということです→http://www.sankei-kansai.com/2009/07/29/20090729-012838.php

ヘッドコーチは勝敗の全責任を負うが故、できるだけ勝敗に直結することだけに時間と労力を注ぎたい。現場の責任者であれば誰もがそう思うでしょう。特に我々のようなアマチュアスポーツでは貴重な土日の練習時間を削ってまで地域活動に参加する決断には勇気がいるものです。

マーヴィーズの存在価値は、積極的な地域活動の中からファンの期待を肌で感じ、試合でその期待に応えべく日々努力するという相乗効果の中にあり、FMの武田と僕はその信念を常に確認し合いながら物事を前に進めるよう心掛けています。

そして一番大切なのは、選手・スタッフ・チアがその意図を理解し実行できるかであり、昨年の実積をみて改めてうちのスタッフを誇りに思いました。
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-13 01:30 | メディア
今宮戎
今宮戎に行ってきました。

帰路で交通整理している警察官が、順路を守らず逆流して駅に向かう参拝者に対して「交通マナーを守らない人に商売の神様は味方しませんよー!」と叫んでいました。台本かアドリブか。いずれにしてもザ・大阪。

4月にはマーヴィーズも2期目に入ります。
営業部門は1-3月が勝負です。必死のぱっちで走り抜けます。

c0026129_0154124.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-12 00:19
熱き人
eo光ケーブルの「熱き人」で特集組んでいただきました。
是非みてください。

http://eonet.jp/eohikari-ch/atsukihito/

僕も観ましたが、もっとこういう表現したらわかりやすいのに、と反省しきりです。コミュニケーションというのは受け手がどう感じるかが大切なので、

・万人に分かる言葉を使って
・相手が欲しい情報や伝えたい情報を漏れなく
・短い言葉で

表現するようにしたい。
日産のゴーンさんとかソフトバンクのソンさんとか、聞いててわかりやすいもんなぁ。

おまけで今日の吹田商工会議所主催の新年懇親会で撮った写真を数枚。

着物がお似合いの方はマロニーの河内社長です。皆さんご存知でしょうか、マロニーちゃんは吹田の企業なのです!
c0026129_221220.jpg


景気づけにチアも踊らせてもらいました。
c0026129_2213520.jpg
c0026129_2215420.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-06 22:01 | メディア
いい本の条件
「「1秒!」で財務諸表を読む方法」
うちのCFOに借りたのですが、とてもいい本でした。数字の読み方や活用の仕方が中心で実践的です。
c0026129_0121481.jpg

さて、最近読んだ本で「よかった」ものを並べてみると自分なりにいい本を共通点に気付きました。

・表現がわかりやすい
・実践に基づき、また身近な事例がある
・嫌味がない

ブログを書く際や、企業への提案活動にも参考になりますね。僕は時々自分の得意分野や思いが強すぎる領域の話について深く話しすぎる癖があるので、時々嫌味っぽくなっているかも知れません。気をつけなければ。

最近読んだ「よかった」本をご紹介しておきます。興味ある方は是非どうぞ。

「「社長力」養成講座」 小宮一慶著
「「戦う組織」の作り方」 渡邊美樹(ワタミ社長)著
「一勝九敗」 柳井正(ファーストリテイリング社長)著
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-01-05 00:12