<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ファンクラブの皆様へのお詫び
吹田マーヴィーズからのメール配信につきまして、現在、携帯のメールアドレスをご登録いただいている皆様へのメール配信が深夜になってしまうという事態が発生しております。

まずは、この点につきまして深くお詫び申し訳あげます。

弊社のメール送信サーバの問題と認識し対応策を講じておりましたが、調査の結果、携帯各社のメール送信サーバにて、マーヴィーズから送信した時刻に関係なく、後回しに配信されていることが判明いたしました。

これはマーヴィーズだけへの特別措置ではなく、乱雑する迷惑メールへの対策として、携帯各社がメール配信を行っている企業・団体に対し広く講じているメール配信制御です。

このような事態を避けるべく、今後、携帯各社へのメール配信については、
①メール配信時のリクエストを可能な限り細かく分割して送信する
②現在登録されているメールアドレスを精査し、アドレス帳の正確性を高める
ことの2点で対応していく予定です。

携帯各社にてメール配信制御の回避手段が公開されていないため、不十分な対応となってしまう可能性がありますが、今後の取り組みをご理解のうえご了承いただければ幸いです。
(次回のメール配信は明後日7月1日の午前を予定しております)

なお、携帯のメールアドレスをご登録されている皆様にて、メールアドレスの変更をご希望される方は、会員番号を明記のうえ、以下の宛先まで変更後のアドレスをご連絡ください。
info@marvies.jp
ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんが、完全に問題が解決するまで温かい目で見守っていただければ幸いです。

今後とも吹田マーヴィーズへの温かいご声援を宜しくお願いいたします。
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-30 00:56
マーヴィーズチア
9:00、11:00、13:00、14:30、17:00と商談。今日はずっと外でした。梅雨ですが、暑いですが、移動手段は全て自転車です。一日少ないときで1時間、多いときで2時間くらい走りますから、大腿四頭筋だけは競輪選手並みです。あと単純に痩せます。

さて、今日はマーヴィーズチアについて。ご存知の方も多いと思いますが、うちのチアは神戸女学院チアリーダー部 VINUSが母体となっている学生チアです。吹田マーヴィーズになる前から我々の専属チアとして活躍してくれています。なんでチアは吹田じゃなくて神戸なの?という質問を受けますが、そんな周囲からのハンディを、彼女達は自ら試合会場やイベント会場でのパフォーマンスでカバーしています。僕がいつも自信を持って「彼女たちは神戸ですが、吹田のために一生懸命頑張っています」と答えられるのも彼女達をいつも吹田に呼んでいただける=吹田に対する貢献度がとても大きいからです。なので場所は関係ありません。メンバーの中には河内長野や姫路から、いやもっと奥地から・・・昨年は20回以上吹田に足を運び、授業もちゃんと出て、練習もする。本当に誇りに思います。

さて、そんなチアは毎年2月に大公演会を行っています。吹田マーヴィーズになって2年目、吹田でのイベント参加を重ねるにつれ、少しずつマーヴィーズチアの存在も知っていただけるようになってきたので、お世話になっている吹田の企業様や地元の商店街の皆様に、スポンサー営業も兼ねて公演会のお誘いにお邪魔しているわけです。

今日訪問させていただいたのは、昨年からマーヴィーズだけでなくチアも応援して下さっているプロミックス様。プロミックス様は彼女達の縁の下の頑張りをものすごくよくみてくれています。チアのメンバーにとっては普段なかなか接点がない吹田のパートナー企業様と会って話をして、何か感じてもらえるものがあったら嬉しいです。

チアの公演は2011年2月、西宮でやります(またHPでもアップするそうです)。公演もお金がかかります。少しでも金銭的なご支援をお考えくださる方はinfo@marvies.jpまでご連絡いただければ、と思います。個人・法人問いません。

またプロミックス様もマーヴィーズボトルサーバーの営業範囲が広まりました!ナツいアツ(暑い夏)とは大学時代同期の小西というスキンヘッドの男が間違えて言った言葉ですが、暑い夏を乗り切るのにはとても便利な一本です。こちらも是非どうぞ。

明日は午後から外回りの飛込営業です。

<<左からプロミックス佐藤さん、チア4回生高濱、プロミックス大西社長、チア4回生中曽>>
c0026129_23552717.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-26 00:01
フロー状態突入
8:00 事務作業
8:30 インターンシップレビュー
9:00 社内ミーティング
10:30 市長訪問

午後は社内で溜まった資料作成と事務作業。集中力があった。18:00、19:00続けて商談。戻ってお客さまからいただいている宿題と資料作り。

昨日パートナー企業のトレック不動産販売の中井さんからクッキーをいただいた。今週はずっと外に出っぱなしで会社にほとんどおらず、この日もせっかく来ていただいたのに会えずに残念でした。

クッキーは、あれハーブですか?中井さん。とてもいいアクセントになっていて、社員一同ですっかり食べ尽くしてしまいました。とてもおいしかったです。ありがとうございました。こうして毎日事務所に色々な方が行き来していただけるのはとても嬉しいですね。

明日は朝9時から続けて5本商談。うちひとつプレゼン。夜は何も入っていないので、やれるところまで追い込んで仕事してみようと思う。

自分の中でもう一つ上の基準・水準を作る唯一の方法は本気で追い込まむことだ・・・昨日コアコンセプト 大西社長とそんな会話をしていて、忘れかけていたものが少し蘇りました。大西社長、ありがとうございます。

<<いただいたクッキー>>
c0026129_23565919.jpg

[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-24 23:55
イングランドはなぜ襟シャツか②
話は前々回のブログの続き、スポーツが教育ソフトとして定着しているイングランド代表のドレスコードが「襟シャツ」なのは、スポーツに対する敬意を示しているのかもしれません。

今後スポーツの持つ価値や機能が、「体力や競技技術の向上」だけに留まらず、教育や健康や街作りなど、社会問題を解決するサービスとして有効な回答が示すことができれば、スポーツ(選手)の社会的地位は自ずと向上し、スポーツを活用したサービス産業の裾野も広がると思います。

現時点では一般的にスポーツはみる(watch)か、する(do)に分かれていますが、今後は、活用する(use)という概念を生んでいきたいですね。

明日は商談4件と提案書3件終わらせたい。今週は怒濤の一週間になりそう。
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-23 00:50
試合観戦ありがとうございました。
本日のアサヒ飲料チャレンジャーズ戦は9-20で負けました。
応援に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

観客数はまだまだ少ないかもしれませんが、声を張り上げて応援して下さる吹田マーヴィーズファンの応援本気度合いはすごいものを感じます。心から応援して下さる皆様と同じ場所にいるとやはり勝ってみんなで喜びたいです。

秋のリーグ戦初戦は、9月4日(土)ホーム吹田の万博記念球技場内 エキスポフラッシュフィールドです。

引き続き応援よろしくお願いいたします。
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-20 23:28
イングランドはなぜ襟袖シャツか①
9:30 商談
12:00 ランチ商談
17:00 社内ミーティング
19:30 お客様と食事

ワールドカップが始まりました。日本勝ちましたね。

普段あまりサッカーを観ないので今回のワールドカップで初めて気付いたのですが、サッカー界では、公式ユニフォームが襟袖シャツが標準になりつつあるのでしょうか?調べてみるとヨーロッパではイングランド、スイス、デンマーク。南米はウルグアイ、パラグアイ。中米ではホンジャラス。32カ国中6カ国が襟袖シャツのようです。

中でもイングランドの襟は太く首回り一周襟で覆われていて、いわゆる一般的なポロシャツに近い感じです。なぜでしょうか。

近代スポーツはイギリスが発祥というのは知られた話ですが、イギリスをはじめとしたヨーロッパと日本ではそもそもスポーツの概念が違う、という考えから仮説を立ててみました。

何度かこのブログでも紹介していますが、イギリスのパブリックスクールで教育を受けられた池田潔さんは著書「自由と規律」において、「パブリックスクールの学生はまず規律を身につけるため劇しい訓練を受けるが、その手段としてもっとも重視されているのが運動競技であることは周知の事実である。(中略)彼らはスポーツを通して人生を見、これを通して哲学を持っている」と述べています。

スポーツの起源を遡ると、19世紀イギリスから近代スポーツが始まったと言われていますが、貴族を育てるパブリックスクールでは、池田さんが書いていたように、正しい規律を身につけるための最も有効な手段としてスポーツを活用していました。それは一定のルールの中で正々堂々と勝負をし、時には勝ち、時には負け、その中から何を学び、次にどう生かすか、まさにその後の人生においても普遍的な人生に対する態度(能力ではない)を身につけるためのもの、という概念があったい他ならないと思います。

一方日本では、明治時代に初代文部大臣が教育の目的を「知育」「徳育」「体育」と分けました。体育は体を大きくしたり運動能力を高めたりする「体を育む」行為であって、前述の人生に対する態度形成、つまり「徳育」と区別されていたらしい。(広瀬一郎著書「サッカーマーケティング」)

自分に置き換え、小中学校の体育の授業の記憶を呼び起した時、ルールを厳守する、正々堂々と戦う、相手選手と尊重する、など体育の授業で「徳」を育む教育を受けた記憶がないのは僕だけでしょうか。総じて、こうした社会生活に有効なライフスキルを学べる可能性の高いスポーツを、体の身体的能力を伸ばすことしか活用してこなかったのは非常にもったいないように思います。

続く
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-15 03:20
コアコンセプト 大西社長
ご無沙汰しています。

今日は豊津を自転車で疾走していたら、思い切り派手にこけました。そして今、足首が激痛でお風呂まで行くのに勇気がいります。

さて、営業活動とは出会いの連続でして、これは先週の話。
営業電話して訪問させていただいた株式会社コアコンセプト研究所。そこにいらっしゃった大西社長。

最初は営業的な色気も内に秘めつつ話をしていましたが、途中であーもういいや、と。なぜって思いもよらぬ繋がりがあり、また大西社長との話がとても面白かったからです。結局滞在時間2時間。会社に戻ってからじっくりブログを読ませてもらったら、こちらもめちゃくちゃ面白い・・・有名なアルファブロガーの方だったんですね。知らなかったです。最近の記事では、5月29日の「日本のiPadフィーバー。見直して欲しい家電のマーケティング」など、ハッとさせらます。

話戻って、2時間も何話すの?って後半の1時間くらいは吹田マーヴィーズのビジネスについてのブレストになっていました。お陰で、しみじみ成功イメージが沸くアイディアをいただいて、早速準備中。ありがたいことに、大西社長のブログでも吹田マーヴィーズのことを書いて下さっています。

そして今日、お客様先のマーケティング部の方と話をしていたら、食のトレンドで盛り上がって、そういえば大西さんのブログで、そんなことも書いてたぞ、とその方にブログをご紹介。

大西社長のように質の高い情報を発信することで、話した僕がそうであるように、人に紹介したり、話題したりしたくなるものです。

いいアウトプットにはいいインプットが原則。暇あったら学習、そして情報を自分の頭で咀嚼。そして文字にする、言葉にする。

明日は早朝提案書、昼間アポ数件、夜も提案書の予定です。
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-08 23:52
電車広告
10:00 13:00 15:00 続けて商談。
夕方より提案書2本。今日は予定通り終わった。

今日電車乗っていて思った。電車広告はいずれすべて電子広告になるでしょう。なぜなら、時間帯や車両によって乗車している顧客層が違う。顧客層が違えば出す広告も違う。例えば、朝始発から9時までの女性専用車両に缶コーヒーの広告はいらないだろう。また夜11時以降の電車にウコンの広告は効果的だろう。時間ごとに広告を変えるのは紙媒体ではできない。ひょっとしてやってるのかな?

明日は一日社内の予定。数字と、今取りかかっているビジネススキームの整理。
[PR]
by katsuhiro-motono | 2010-06-02 01:23